岡山県内では現在インフルエンザ注意報が発令されています。
しばらくの間は流行の継続が懸念されますので、以下に注意し、感染拡大防止に努めましょう。

・普段から健康管理をし、十分に栄養と睡眠を取って抵抗力を高めておきましょう。

・人混みを避けましょう。人が多く集まる場所から帰ってきたときには手洗いを心がけましょう。水や石けんを使って十分な「手洗い」を行いましょう 。アルコール製剤による手指消毒も効果があります。

・咳やくしゃみがある場合には、周りの方へうつさないよう、マスクを着用するなど咳エチケットを心がけましょう。

・空気が乾燥すると、気道粘膜の防御機能が低下し、インフルエンザにかかりやすくなります。特に乾燥しやすい室内では、加湿器などを使って50~60%の適切な湿度を保ちましょう。また、水分も十分に摂取しましょう。

・具合が悪ければ早めに医療機関を受診しましょう。インフルエンザと診断されたら学校や職場に行かないようにしましょう。

インフルエンザにかかったら
・小児では、インフルエンザの罹患により、急に走り出す、ウロウロと歩き回る等の異常行動を起こすおそれがあります。抗インフルエンザウイルス薬の種類や服用の有無にかかわらず、インフルエンザと診断され治療が開始された後、少なくとも2日間は、一人にならないよう配慮をお願いします。