2020 年 第 14 週 (3 月 30 日 ~ 4 月 5 日)

■定点把握感染症の発生状況
患者報告医療機関数:インフルエンザ定点84、小児科定点54、眼科定点12、STD定点17、基幹定点5
○インフルエンザは、県全体で38名(定点あたり 0.98 → 0.45人)の報告があり、前週から減少しました。

■岡山県は『インフルエンザ注意報』を解除しました(4 月 9 日)
【お知らせ】
2019/20 年シーズンのインフルエンザ週報は、今週(第 14 週)をもって終了いたします。
2020/21 年シーズンは、2020 年 11 月頃からの掲載を予定しています。

岡山県の流行状況
○インフルエンザは、県全体で38名(定点あたり0.45人)の報告がありました(84定点医療機関報告) 。
○インフルエンザによるとみられる学校等の臨時休業はありませんでした。
○インフルエンザによる入院患者はありませんでした。

インフルエンザは、県全体で38名(定点あたり0.98 → 0.45人)の報告があり、前週から減少しました。
県全体の定点あたり報告数が2週連続して1人を下回ったため、岡山県は、2019年11月28日に発令した「インフ ルエンザ注意報」を、4月9日をもって解除しました。
注意報は解除になりましたが、引き続き手洗いなど感染予防を心がけましょう。


【岡山県感染症情報センターより参照】
(2020年4月10日更新)